スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝つためのチームづくり☆

浜松町のスターバックスでブログ更新しています。

今日のブログは、先程終了した都道府県リーダー研修会について。

羽田空港から会場のある浜松町へ
会場は東京プリンスホテル。
後ろに東京タワーが除いてます。リーダー研修会

石川県からは、苗代会長、5人の会長。そして理事として門前町商工会青年部の川上部長の7名が参加しました。

全国でも、地元の東京、茨城の8名についで
2番目の人数です。苗代会長の面子を保てたのではないでしょうか。

商工会青年部の歌唱和

商工会青年部宣、誓いの言葉

と続いて

宮窪会長の挨拶
宮窪会長新しい体制になって、初めてあいさつ
会長所信表明という感じでした。

3月11日の出来事を含め、熱い熱い所信表明でした。


その後は基調講演へ
「勝つためのチームづくりと人材育成について」
というテーマで

早稲田大学 競走部 駅伝監督の渡辺 康幸 氏の講演です。

実は、渡辺さんの今回の基調講演は、全青連直前会長の宮本周司さんの紹介だそうです。
周司さんの人脈どんだけぇ~

渡辺監督
渡辺監督2
渡辺監督は、現役時代早稲田大学のエースとして活躍しました。
そして監督として、今年の東京箱根駅伝で見事優勝!
出雲全日本選手権、全日本大学対抗選手権と制し、男子大学駅伝三冠を達成しました。

そんな渡辺監督から
1時間という短い時間ではありますが
勝つためのチームづくりと人材育成について
お話していただきました。

全ては書ききれないので
印象に残ったことをひとつ

自己成長するための5つの要素。

一つ目
①手の届く範囲の目標を立てる

弱かったチームの指導を始めた時
生徒達は皆「渡辺監督が来たら優勝できる」と言っていたそうです。
そして皆「日本一になりたい」という目標を持っていた。

でもそれは、自分の力、チームの力をわかっていない。
15,16位のチームが1年で優勝できるわけがない。

目標というのは手の届く範囲で立てるのが目標。
口だけ大きなこと言っていても実現しない。

だから生徒一人ひとりに、春、夏、秋、冬と4つに区切って目標を立てさせ
一人ひとりと面談し
「今の君にはその目標は、まだ難しいんじゃないか」
と話して
手の届く
その選手に合った目標を立てさせたそうです。


②自己管理
 ・食生活
 ・故障ケア
 ・調整能力
この3つを全てを兼ね備えた選手はなかなかいないそうです。

トップの選手は、常に100%の状態で舞台に立つ。
そこを徹底させた。


③お手本とするモデルをつくる
要は、あこがれの選手を持つ
そしてその選手を目指しなさい。


④ライバルを持つ
力が互角のライバルを持つ


⑤陽のオーラを放つようになる
あいさつから身の回りの整頓
常に笑顔でいなさい。

と常に陽のオーラを持った人間になりなさい。

最終的には、この⑤がいいチームワークをつくり
この三冠の大きな要素となったと渡辺監督はおっしゃってました。


自分自身はもちろん全て重要だと感じましたが、特に①、⑤が印象に残りました。


どうでしょうか皆さん参考になったでしょうか。

興味のある方は、また直接会った時にでも
気軽に聞いて下さい。


渡辺監督貴重な講演ありがとうございました!!アチッ☆


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさみつ

Author:まさみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。