スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬剤師の選ぶ2010年10大ニュース 3位~☆

あのサンタは俺でしたーっ!!
サンタクロース
って
何か自分で書いてて恥ずかしいですね(笑)

クリスマスのテンションならなんとも思わないのですが
冷静な今「何やってんだか・・・」

でもやろうと思ったことは先送りにせず
今しなきゃ!恥かいてもね


それでは、「薬剤師の選ぶ2010年10大ニュース」

3位から

う~カウントダウン!!
カウントダウンTV

3位 調剤一部負担金にポイント付加 日薬が声明

本ブログでもお伝えしましたが、
ドラックストアなどで調剤報酬の一部負担金にポイントサービスをつけるというもの
日本薬剤師会からも正式な声明が発表され
「ポイント付加のサービスは、減免にあたり認められない」とされた。

某ドラックストアでこの前買い物していたのですが
この声明発表後も調剤一部負担金にポイントが付くとのアナウンスが

皆さんの支払っている保険料を含めた社会保障費
で成り立っているこの業界で
ルールというのは絶対的に必要!!

それを守るのは
公的医療施設として認められた保険薬局として当然のこと
必ず守って欲しいです!!

しかしそもそもの発端は、そのルールを決める厚生省の「ポイント付加が減免に繋がるとは定められていない」という軽はずみのひと言から始まったこと
それに乗っかるものも悪いが、発信する厚労省には誰が読んでもハッキリとわかるルールづくりをしてもらいたい。

2位 2010年調剤報酬改定行われる

今年は、2年に1回の調剤報酬改定の年
先程上げたようにルールは厚労省の中央社会保険医療協議会が決めるのですが、

☆中央社会保険医療協議会(ちゅうおうしゃかいほけんいりょうきょうぎかい)とは・・・
健康保険制度や診療報酬の改定などについて審議する厚生労働相の諮問機関。通例、中医協と略称される。

そのルールは、世情に合わせて2年に1回見直されます。
今年はその年度。


小泉政権の社会保障費削減の動きの中10年間マイナス改定でしたが
10年ぶりのプラス改定となりました。

一番大きな動きがあったのは
後発品加算について

薬局でジェネリック医薬品が実際に処方している割合によって加算が変わってくるというもの

例えば
ひと月に調剤されている医薬品の中で30%以上ジェネリック医薬品が処方されていれば
基本料に17点の加算(1点10円なので170円)
25%以上なら13点(130円)
20%以上なら6点(60円)
の加算になります。

患者さんはこのうち一部を負担するわけです。
(3割負担なら3割、1割負担なら1割)

その他のにもハイリスク医薬品の説明を決められたルールに基づいた説明を行った場合に算定できる加算が新設されました。

プラス改定とはいえ
医薬品の値段である薬価はマイナス改定

全てをあわせるとやっぱり今回もマイナスの改定となりました。

それでは、次回はいよいよ
1位の発表します!!

お楽しみに!
カウントダウンTV


今日の昼食は、
写真を撮り忘れました(笑)

すき家の3種のチーズ牛丼!!


昨晩からの雪で
薬局も雪すかしからの仕事スタート
さすがに人力では限界があるほど積もっていたので
入り口だけ粗方雪すかしして
残りは、能美市商工会青年部の後輩
 (有)安地土木 安地 正史くんに頼みました!!
ほんと助かったいつもありがとう!

それでは薬局業務は終わりましたが
自分の書類作成が残っています。

寒いですが心は熱く頑張ります!!アチッ☆



薬剤師募集してます!
健康を願う能美市の調剤薬局 ふたば薬局


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
ポチッと
お願いします☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさみつ

Author:まさみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。